サッポロスキッド公式サイトトップページ

クロスカントリースキー・ノルディックウォーキング・ランニングのトップアスリートも集う専門店。懇切丁寧がモットーです。

TEL:011-842-2730

北海道札幌市南区澄川3条5丁目2-5



サッポロスキッドノルディックウォーキングの解説ススメ・その3


ススメ・その3

ノルディックウォーキングのススメ_3のテーマ画像

さぁ~ここからは実践です!
正しい歩き方をすることにより、全身の筋肉を効率よく使用します。
肩の力を抜いて、リラックスして始めましょう。
ここでは、歩き方の説明をしています。

ノルディックウォーキングの歩き方

1.基本の歩き方

歩き方は普通のウォーキングと同じで、左足と右腕、右足と左腕を一緒に出します。初めての人は右腕と右足が同時に動いてしまうことがありますが、これはポールを意識しすぎていると起こる現象です。
まずは肩の力を抜いて、リラックスして歩いてみましょう!

ノルディックウォーキングの基本の歩き方
・踏み出した足と逆の手のポールを軽く地面につきます。
・なるべくひじを曲げないように、延ばした角度を保ちます。
・グリップは強く握らず、軽く握る。
・ポールは軸足のかかと付近に突きます。

ノルディックウォーキングの基本の歩き方

・体を前に移動させると同時に、ポールをしっかり突き立て、ポールで体を押し出すようにして前進します。
・強く押しすぎないように肩の力は抜く。

ノルディックウォーキングの基本の歩き方

・押し出した側のポールが脇の横を過ぎたら、後ろ側の手を開き、グリップから離します。
・後ろまで押し切ったら手のひらを開き、脱力させます。

◎ポイント
・目線は前に向け、姿勢よく歩きます。足元ばかり見ていると正しい形で歩けません。バランスも崩れやすくなります。
・腕はなるべく伸ばしたまま歩きます。上半身の筋肉を使えて、背筋も伸びスムーズに動けます。
・足は、かかとから着地しつま先で蹴りだします。ウォーキングと同じです。
・ポールはつま先でなく、かかと付近に突きます。こうすることでポールの力を借りることができるので歩きやすくなります。(左手に持っているポールは左足のかかと付近に突きます。)

2.斜面の登り方

斜面の下り方
斜面を登るときは上体を前傾させて歩きます。ポールは後ろの足の横に突き、押しながら登ります。
平地に比べて、一層押し切ることが大切になります。

3.斜面の下り方

斜面の登り方
下りで平地と同じように歩くと膝・腰に負担がかかります。
急な下りではポールを前足の横に突いて、膝の負担を減らして歩きます。
あまり前傾させないようにします。

正しい方法で行うことで、効果が出ます。
誰もが初めからうまくできる訳ではないので、難しく考えずにリズム良く、肩の力を抜いて歩きましょう。
1つでもチェックがついたなら、まずはノルディックウォーキングを始めてみましょう!
楽しく歩くことが上達のポイントです!!



このページの
TOPに戻る