サッポロスキッド公式サイトトップページ

クロスカントリースキー・ノルディックウォーキング・ランニングのトップアスリートも集う専門店。懇切丁寧がモットーです。

TEL:011-842-2730

北海道札幌市南区澄川3条5丁目2-5



サッポロスキッドノルディックウォーキングの解説ススメ・その2


ススメ・その2

ノルディックウォーキングのススメ_2のテーマ画像

実は、ノルディックウォーキングポールには種類があります。
自分のスタイルに合ったポールを見つけましょう!
ここでは、ノルディックウォーキングポールの説明をしています。

ポールの種類・選び方

ノルディックウォーキング専用のポールとは・・・?

ノルディックウォーキング専用ポール① 長さの目安は『身長×0.65~0.68』手の位置はおへその辺りで、横から見ると概ね90°になります。
※初心者のうちは少し短め、慣れてきたら徐々に長くしていきます。
② グリップ(握る部分)に、ストラップ(手を通すベルト部分)がついている。
③ アスファルトを歩くために、先端に滑りづらいゴム製のキャップをつけられる。
 (ラバーチップ、アスファルトパットなど名称は様々です。)
④ ストラップは右用・左用があり、人差し指と親指で軽く挟むように握ります。ワンタッチでポールから取り外せる物もあります。押し切った時に手のひらを開いても、ポールが離れない構造になっています。

形状は2種類

ノルディックウォーキング専用ポール

① 長さが固定されているタイプ(伸縮しない)

上級者向けで自分のスタイルが確立されている方にオススメ
◯ メリット
・比較的、軽い。
✖ デメリット
・長さの調整が出来ない。(指導者や指導団体が変わると、長さへの考え方が違う場合があるため対応できないことも。)
・公共機関での持ち運びには不向き。(地下鉄、バス等)

ノルディックウォーキング専用ポール

② 伸縮するタイプ(2~3段階)

初・中級者向けで自分のスタイルをこれから見つける方にオススメ
◯ メリット
・長さが調整できるので持ち運びが便利。
・指導者や団体が変わっても推奨する長さへの調節が可能。
・伸縮が可能な為、移動の際の持ち運びに便利。(地下鉄、バス等)
✖ デメリット
・構成部品が多いため、長さが固定されている物よりも若干の重量が増加する。

『アグレッシブスタイル』と『ディフェンシブスタイル』

ポールには大きく2つのタイプがあり、それぞれ目的・歩き方が異なります。
アグレッシブスタイルポール

アグレッシブスタイル

・先端の先ゴムが斜めになっているブーツ型。
・グリップ部とグローブ部が繋がっている、手袋の様な形。着脱可能であれば、なお使いやすいです。
・日々の運動、トレーニング、ダイエットの方向け。

ディフェンシブスタイルポール

ディフェンシブスタイル

・先端の先ゴムが”丸い”もしくは平らな形。
・ループ式になっており、手を下もしくは横から差し込んでグリップを握る。
・リハビリ中の方や高齢者の方向け。(歩行補助としての使用)



このページの
TOPに戻る